Appendix

プロファイル

ドン底の今はハヤテ君
ナギちゃんまで、後1,000FXP
イスミさんまで、後1,500FXP
ヒナギクさんまで、後2,500FXP
マリア様まで、後5,500FXP

収支曲線グラフ

全収支曲線
2008.08
2008.07
2008.06

E-Gold 換金サービス

ACR WEB

ブログパーツ

World Clock

AEST(GMT+10) JST(GMT+9) WET(GMT) EST(GMT-5)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • コメント : -

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    4半期GDP、ADP、FOMC…クリティカルなイベント盛り沢山

    それにしても、今夜は、4半期GDP、ADPだけじゃなく、FOMCまであって、目が離せないどころか、大変な一晩ですね。
    個人的には、EUR/USDベースで今夜はエントリーしたいところです。
    動き次第では、EUR/JPYもかな…。
    その前に、悩ましい時間に開催される、今夜半開催のFOMCをネタにしたマネパのセミナーでしょうか^^;
    マネーパートナーズは結構、ためになるセミナーを多く催しています。
    口座維持手数料も不要ですし、マシンパワーに余裕があれば、HyperSpeedも悪くないですから、開設をするだけしてみてもいいですよ。
    スポンサーサイト

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    チマチマと…復活?

    莫大な含み損の主役だった EUR/JPY が無事決済されました。
    でもって、EUR/USD もちんまり、と利益確定。
    後は、多少のドローダウンが残っている USD/JPY だけですか。
    とりあえず、週間 Profit が US$300.00 を超えるまで、もう、黙認です。
    一時、ドローダウンが US$350.00 を超えてましたからね…。
    US$570.00程度中の資金で、約US$400.00 のドローダウンは滅茶苦茶きつかった。
    こればかりは、欧州と米国先行勢の仕掛け的とされている、ユーロ買いに感謝しなくては…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    先週のトレード結果

    下の画像が、先週のトレード結果です。
    なんだかんだと、大台突破を果たしました。
    今月に入って、年始の原資に対して、増加率約100%、約2倍を達成しました。
    ありえないようなトレールのミス設定をしてなければ、もう100~200は乗っていたはずなんですけどね…。
    statement_20080126.gif
    さて、このNFのアカウントを使ったバランスカーブ画像の公開も、今週が最後かもしれません。
    って言うのも、デモ・アカウントのつもりでライブ・アカウントに、間違って、しかも、テスト中のEAをAttachしてやがりました。
    しかも、ヘッジ部分がバグってやがりまして、-106、-45、-47と約200ipsの大幅マイナス((T_T)
    利益が出てたタイミングがあるので、起きてたらマニュアルで利確できてたんですよね…。
    このEAはストップをいれず、複数通貨でヘッジをしながら利益を掠め取りつつ、ホールドを繰り返していく、と言うモノ…。
    更には、まったくヘッジされてなくてエントリーロジックも間違ったままで、EUR/JPYのロング・0.27ロット同等のポジションなんだもんな…。
    これらのポジションだけは、もはやロスカットが手遅れなので、もう、運を天に任せての放置です…。
    FXDDFXブロードネット(ライト400)でのトレードデビューかな。
    もしかしたら、NFでヘッジをしつつ、今まで通りのトレードを繰り返すか…なんつうか、悩ましい…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    Spread/Symbol比較 - NorthFinance vs FXDD

    気分転換に、今もっているライブアカウントのスプレッド/Symbolの比較の表を作りました。
    と言っても、NorthFinanceFXDD だけですけどね。
    前回のFXDDの開設記事で書いたと思うけど、スプレッドは、NorthFinance の勝ちでした。
    主要な通貨ペアに関しては、基本的に同等なので気にする必要はないかな、と。
    ※クロス円は著しくマーケットに偏りがあるので、主要通貨ペアと見なしてません。
    じゃヵ、どうなのか、どちらがいいのか、と言うと、どっちもどっちかな、と。
    信用優先派はFXDD、運用効率派はNorthFinance、ってことでしょうか。
    でも、信用、と言っても、日本の大甘業者を当然とするなら、国内の業者の開設だけにしていればいいでしょう。
    はっきり言って、いくら信託保全、他益保全をやっていたとしても、FX業者って言うのは銀行の足元にも及ばない信用だと言うことを肝に銘じておきましょう。

    Spread 比較
    Symbol North Finance FXDD(FXDirectDealer)
    Spread Digit Spread Digit
    AUDCAD 8 4 7 4
    AUDCHF 10 4 - -
    AUDDKK 40 4 - -
    AUDJPY 5 2 6 2
    AUDNZD 12 4 8 4
    AUDPLN 50 4 - -
    AUDSGD 10 4 - -
    AUDUSD 3 4 4 4
    CADCHF 8 4 - -
    CADJPY 5 2 7 2
    CHFCAD 10 4 - -
    CHFJPY 4 2 4 2
    CHFSGD 10 4 - -
    EURAUD 10 4 8 4
    EURCAD 10 4 10 4
    EURCCK 50 3 - -
    EURCHF 2 4 4 4
    EURDKK 15 4 - -
    EURGBP 2 4 3 4
    EURHKD 50 4 - -
    EURHUF 50 2 - -
    EURJPY 3 2 4 2
    EURLVL 20 4 - -
    EURNOK 50 4 - -
    EURNZD 15 4 - -
    EURPLN 60 4 - -
    EURSEK 50 4 - -
    EURSGD 15 4 - -
    EURSKK 60 3 - -
    EURUSD 2 4 2 4
    EURZAR 200 4 - -
    GBPAUD 12 4 - -
    GBPCAD 12 4 - -
    GBPCHF 7 4 8 4
    GBPDKK 60 4 - -
    GBPJPY 7 2 8 2
    GBPNOK 80 4 - -
    GBPNZD 30 4 - -
    GBPSEK 80 4 - -
    GBPSGD 20 4 - -
    GBPUSD 3 4 4 4
    GBPZAR 250 4 - -
    NZDCAD 10 4 - -
    NZDCHF 10 4 - -
    NZDJPY 10 2 - -
    NZDSGD 15 4 - -
    NZDUSD 4 4 5 4
    SGDJPY 8 2 - -
    USDCAD 3 4 5 4
    USDCCK 50 3 - -
    USDCHF 3 4 3 4
    USDDKK 30 4 - -
    USDHKD 10 4 - -
    USDHRK 60 4 - -
    USDHUF 40 2 - -
    USDJPY 2 2 3 2
    USDLTL 30 4 - -
    USDLVL 20 4 - -
    USDMXN 70 4 51 4
    USDNOK 50 4 - -
    USDPLN 60 4 - -
    USDRUB 20 3 - -
    USDSEK 50 4 - -
    USDSGD 8 4 - -
    USDSKK 60 3 - -
    USDZAR 150 4 - -
    DAX 5 2 - -
    DJI 5 2 - -
    NASDAQ 5 2 - -
    S&P500 5 2 - -
    GOLD 50 2 - -
    XAUUSD - - 100 2
    SILVER 4 2 - -
    XAGUSD - - 0 4
    #AA 4 2 - -
    #AIG 4 2 - -
    #AXP 4 2 - -
    #BA 4 2 - -
    #C 4 2 - -
    #CAT 4 2 - -
    #CH8 100 2 - -
    #CLG8 8 2 - -
    #CLH8 4 2 - -
    #DD 4 2 - -
    #DIS 4 2 - -
    #ENQH8 125 2 - -
    #EPH8 50 2 - -
    #GE 4 2 - -
    #GM 4 2 - -
    #HD 4 2 - -
    #HON 4 2 - -
    #HPQ 4 2 - -
    #IBM 4 2 - -
    #INTC 4 2 - -
    #JNJ 4 2 - -
    #JPM 4 2 - -
    #KO 4 2 - -
    #MCD 4 2 - -
    #MMM 4 2 - -
    #MO 4 2 - -
    #MRK 4 2 - -
    #MSFT 4 2 - -
    #NGG8 4 3 - -
    #NGH8 11 3 - -
    #PFE 4 2 - -
    #PG 4 2 - -
    #SF8 300 2 - -
    #SH8 50 2 - -
    #T 4 2 - -
    #UTX 4 2 - -
    #VZ 4 2 - -
    #WH8 150 2 - -
    #WMT 4 2 - -
    #XOM 4 2 - -
    #YMH8 7 0 - -
    ※Digit: レートが小数点以下何位で動くのか、と言う目安。
     2だと、0.01単位、4だと0.0001単位での変動になります。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    なんつうか…ありえない…

    今朝起きてみたら、レートが106.90当たりつけているじゃないですか。
    105.79にStop Buyを置いてたから100pipsとったぜ!、と思ってたのよ…
    で、Tradeタブを見ると、オーダーも残ってないし、残高増えてないし?
    なんでやね、と履歴を見てみると、s/l?…105.79?…なにこれ…と。
    で、1分足見てみたら、105.94.円をつけた後、105.79円で決済されているらしいことが判明…。
    なんか、無意識のうちに、15pipsトレール設定をしてたみたいだ…。
    おかげで、スワップもつかない、1円以上取れていたのを取れてない、もう、ショック多すぎ。
    風邪気味で38.5度→39.5度まで一気に熱が上がっちゃったよ…。
    ユロ/円も同じような感じでイーブンで止まってやがるし…。
    トレールで利を伸ばそう、と考えて放置ねしたのが失敗だったんだよな。
    いつもは、+10~15でリミット入れているんですけどね…違うことをやると、いきなりしっぺ返しを食らってしまった…。
    27:50に一度目がさめたので、そこからモニターしてれば、こんな馬鹿な目に遭わなかったのに…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    FRB緊急利下げ - 0.75%

    あの異常な跳ね方、FRBの実施した緊急利下げだったのね。
    しかも、翌週のFOMCを待たずしての0.75%利下げ!
    これで、欧米金利差逆転です。
    ユーロが4.00%、米ドルが3.50%と0.5%の金利差がついたのは、もう言うことないですね。
    これで来週のFOMCで更に0.50%の利下げを敢行すれば言うこと無し!

    もっとも、FOMCを待たずに実行しただけで、本当ならFOMCで0.75%の利下げ発表だったんだろうね…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    FXDD - 口座開設

    先週の木曜日~金曜日にかけてFXDDのライブ・アカウントを開設しました。
    これで、MT4業者はNorthFinanceに次いで2社目です。
    他の候補だったのはIB-FXとODLですが、EA実行における環境の問題でやめました。
    最低委託金額だの、ストップ狩り疑惑だの、余計なところで気を回したくありませんし。

    でも、NF、FXDDマネパ、外為どっとコム・NEXT、外為どっとコム・トレード、121証券、FX-TS FXブロードネット と、6業者7システムのライブ口座を作ってしまったんですね^^;
    その中で、FXDDFX-TS FXブロードネットだけがまだトレードしてません。
    FXDDでEAの稼動を開始したら、FX-TS FXブロードネットでもトレードに入りたいですね。

    ちなみに、NFとFXDDの比較表は今週末にでも作るとして、サーバの強さを除けば、NFの勝ちですね。
    取り扱いペアも、圧倒的にNFの方が多いし、同じ通貨ペアであれば、全て比較してないですけど、EUR/USD の 2pips 以外は、NFの方が1pipsのスプレッド特ですね。
    もっとも、サーバの強さ、って言うのは大切ですけど…。
    後、一番大切な業者信用度はTradition Group系列ですし、FXDDが断然上でしょう。
    Tradition Group の日本のグループ会社は、株式会社メイタン・トラディションで、外為どっとコムの50%出資元ですし。
    ただ、米国の商品先物協会だったか、NFAには未参加ですね、たしか。
    別に業者信用がない、とは言いませんけど、業者信用を最重要視するなら、国内業者で標準スプレッドの業者を使えばいいから、無理して海外の業者に口座を開く必要はないですね。
    後、FXDDは標準スペック以外にも、様々な裏スペックが隠されているので、自力で裏設定を探せる人には、美味しい業者になるかもしれません。
    裏設定なので、懇意にしている方以外からの問い合わせには応じません^^;

    そう言えば、MEGAeFOREXと言うMLMがでてきてますけど、参加してもバカ見るだけですよ。
    個人的には、FXブームを利用した詐欺だと認識中。

    って言うか、この記事を編集エリアにペーストしたとたん、何、あの異常な跳ね方…。
    USD/JPYが売られた、でも、EUR/USDも売られた…B.O.Aの決算発表だと思うけど、1分未満であの飛びはないだろ…
    B.O.Aの決算発表って、そんなに良かったのか!?

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    先週のトレード結果

    下の画像が、先週のトレード結果です。
    なんだかんだと、年明け2週目にして、久々の負けトレード^^;
    18トレード目でちょこっとだけグラフが右肩下がりの箇所がそうです。
    statement_20080119.gif
    原因は、と言うと…
    …………………………………………………
    単なる、オペレーションミス^^;
    なにを思ったのか、Instant Execution なのに、Modify Order と勘違いして、Take Profit に数値を入力、そして…
    ウィンドウ・レイアウトだって違うのに、一体、なにを考えてたんだか…
    まぁ、スプレッド分だけだったし、2回のトレードで取り戻したけど、ちょっと、もったいなかった…。
    エントリーミスじゃないので、当然ですけど、俺の中じゃ、この負けトレードはなかったことにしてます^^;
    と言え、ホールド時間が4秒とか6秒だとか、そう言うトレードばかりしていると、NFのアカウント、停止させられかねないので、もう少し落ち着いたトレードをしたいですね。
    でもねぇ…なによ、金曜・東京時間9:00からの意味不明なトレンド崩しは…。
    別に円を買うイベントもないし、ましてや、なおさら売るイベントなんて皆無だろ?
    サイクル的には有り、ではあるんだけど、どう見たって、買い時だ、って、あからさまな円売りをやった日本人の個人マネーばかりだろ、あれは。
    おかげで、金曜のストラテジは全部リセットするしかなくなっちまった…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    第2サブシステム・Melchiorの方が優秀っぽい…

    専用のカスタムインジケータとセットにした第2サブシステム、通称Melchiorの方が、第1サブシステムのCasperよりもパフォーマンスが全然いい。
    正確には、パフォーマンスがいい、と言うより、優秀なパラメタがいくつも出てくる、と。
    でもって、2007年のエントリー回数が255エントリー、と毎日エントリー。
    と言うことは、基本的な考え方があっている、偶々作ったインジケータが相性が良かった、と言うことかな、と。
    とりあえず、第2サブシステムMelchiorとしてMAGI_Systemに組み込み決定。
    MAGI、とか、Casper、とか、Melchior、とかくると、第3サブシステムはBalthasarになるわけで。
    と言っても、エヴァ関係でなくて、Q.E.D.証明終了の同一世界別ストーリー、C.M.B.から貰ってます…。
    C.M.B.の頭文字の出元が旧約聖書なのは同じですけどね…。

    サブシステムMelchiorは単独でも機能する、1つのシステムなので公開は可能ですけど、公開するとしたら、Automated Trading Championship 2008 で却下、されるとかした後になるかもしれません。
    もっとも、それまで寿命があるか、と言う問題はありますけど…。
    一応、MAGI_Lite として公開したヤツは、自分とこは、MAGI_Casper として改名してます^^;

    それと、STでOptimizerの実行結果を "csv" 形式で保存した物を、DBに取り込んで Setting File を書き出すツールも作ってます。
    ST での Optimize 後に MT4 を終了すると、簡単にパラメタを設定できませんからね。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    MAGI_Lite - V3 expert の正常進化版 … のつもり

    先日言っていたEAのソースをブリーフケースにアップロードしてます。
    オリジナルのロジック、と言うより考え方だけを踏襲してます。
    本当は、3つのサブシステムで1つシステムを構成しますが、あくまでも、その1つのサブシステムです。
    一応、これだけでも、オリジナルバージョンより相当なパフォーマンスアップを図れますが…。
    ただし、エントリー判定のデフォルト値はオリジナルに忠実ですけど、パフォーマンスは良くないです。
    それなりに最適化をして、それなりの期間のバックテストをし、それなりに無難な収益グラフを形成する、と言う、最大のパフォーマンスを選択しないほうがいいでしょう。
    例えば、2000.00USDのパフォーマンスを出しても、ガツンと上がってドーンと下がる、ドーンと下がってガツンと上がる、と言うパラメタは、露骨なカーブフィットを意味します。
    年間を通して、コンスタントに上下しながら上がっていくパラメタを探したほうが寿命は長いでしょう。

    Yahoo!_Briefcase_folder_tree.jpg
    Yahoo! Briefcase から、 [ファイルフォルダ] - [library] - [source] - [experts] と辿ってください。
    ※ブリーフケース内のフォルダ・ツリーは、「ファイルフォルダ/library/source/」を MT4 のインストール先に見立て、ツリー構造の再現をしています。
    また、クリックで上手くダウンロードできない場合は、リンクを右クリックして「名前をつけて保存」旨のメニューから、ファイルの保存をしてみてください。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    先週のトレード結果

    下の画像が、先週のトレード結果です。
    たったの9回ですが、それなりの Except Payoff は実現できたのかな、と。
    ちなみに、Expected Payoff は 3.83USD になります。
    できれば、これを倍ぐらいに引っ張り上げたいところですが、EAを作りながらとか、色々あるので、なかなか…。
    FXTSでのトレードデビューもまだで、NFでの資金作りに奔走してるし^^;
    もしかしたら、FXDDにも口座を開くかもしれません…Forex-TSDで入手した情報が実現できるなら、ですけど…。
    あと、資金的に、痛くも痒くも無いある業者で、ある手法にチャレンジしてみようかな、と。
    statement_20080112.gif
    しかし、今は英ポンド/円は手を出して無いんですが、ユーロ/米ドルは逆張り的トレンドフォローの度胸があるなら、非常に取りやすい相場になってますね。
    一方で米ドル/円はわけが分からない動き…。

    今年からはユーロ/米ドル中心に、と思っているんですが、なかなか、そうは問屋が卸してくれません^^;
    ユーロ/米ドルをモニターしていると米ドル/円が動くし、米ドル/円を監視していると、今度はその反対だし。

    それと、公開する、と言ってたEAのソースですが…昨日、思いっきりバグっていたことが判明^^;
    ありえないタイミングでトレールが動くから、そりゃ無いだろ、と思っていたんですけどね…。
    あっ、予定通り、今日明日中に公開しますので。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    STCベースEAは…

    確か、年末、STC(Scaff Trend Cycle)ベースのシンプルなEAを…とか書いてましたね^^;
    でも公開してないんですが、一番の理由は、「嵌まると大きい」けど「外す確率が非常に大きい」と言う結果で、よほど上手く他のインジケータを組み合わせないと使えません、です。
    一応、2007年10月~12月21日までは、一直線の右肩上がりでした。
    ちなみに、STCのデフォルト、5(PRICE_TYPICAL),23,50,10 の場合で30分足でのエントリーの場合です。
    と言うわけで、色々と弄っているうちに、なにがなんだかわけが分からなくなりすぎたので、ソースは公開していない、と言うわけです。
    なので、今は、MetaTraderでFX自動売買ブログ の easy-win や Automated Trading Championship 2007 の zyx40 さんの V3 expert のエントリー手法を超短期売買向けに作っていたEAに組み込んだものをテスト中です。
    それ以外にも、今まで作ってきたロジックを組み込んでます。
    ちなみに、組み込みベースになったEAの売買ロジック(基本)は、
    1. L[n1] < L[n2] かつ、H[n1] < H[n1] を満たしている。
    2. L[n2] > L[n3] かつ、H[n2] > H[n3] を満たしている。
    3. L[n3] > L[n4] かつ、H[n3] > H[n4] を満たしている。
    4. この全てを満たすと買いポジションを持つ。
    で、その反対の条件で売りポジションになるわけです。
    ようは、このロジックをもっとシンプルにして、エントリー時間を制限したのが、上記のEAなんですよね。
    この手のEAは色々と作ってきたんですけど、なかなか、いい組み合わせが見つかりません^^;
    ソース公開ベースのEAなので、このEAは、EAの作り方の見本として、公開します。


    もしかしたら、明確な売買ポイントの指示が出る/代理エントリーをするので、金融商品取引法に抵触する可能性があります。
    無償であっても、エントリーポイントの公開は抵触する、と言う、解釈が出てきてますので。
    有料の情報商材は、まず全て、金融商品取引法違反(未登録業者による「投資助言/代理業」)になるのは、言うまでもありませんが…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    MakeOrderPoin チャート上に売買ポイントを再現させるスクリプト

    先日、為替龍さんからの公開要望があったスクリプトです。
    このスクリプトは、売買履歴の「Closed Transactions」の部分をチャート上に再現させるために即席で作ったものです。
    もちろん、ソース非公開EAの売買履歴からエントリーポイント/ロジックを推測するために作ったのは言うまでもありません。

    ちょうどいいスクリーンショットを載せれないので、ちょっと、説明が難しいですが…。
    読み込むためのデータファイルは自分で作らなくてはいけません。
    データファイルのファイル形式は、タブ区切りのcsvフォーマットです。
    ファイルの拡張子は、中身のフォーマットさえあっていれば、なんでもいいです。
    ファイルに記述する1レコードの構成は、1カラム目から、
    1. Ticket
    2. Open Time
    3. Type
    4. Lots
    5. Symbol
    6. Open Price
    7. s/l
    8. t/p
    9. Close Time
    10. Close Price
    11. Commission
    12. Taxes
    13. Swap
    14. Profit
    の順になっていなくてはいけません。
    例えば、MS-Excel のように、html形式を読み込むと、テーブルの内容がそのままセルに反映されるような表計算ソフトを使ってhtmlファイルを読み込み、「Closed Transactions」の表の部分を「Ticket」~「Profit」の範囲をコピー&ペーストでメモ帳等のテキストエディタに貼り付けたフォーマット、カラム数でなくてはいけない、と言うことです。
    例えば、あるトレードの結果が、
    1. Ticket : 4865089
    2. Open Time : 2007.10.01 20:00
    3. Type : sell
    4. Lots : 1.50
    5. Symbol : eurusd
    6. Open Price : 1.4241
    7. s/l : 1.4224
    8. t/p : 1.4141
    9. Close Time : 2007.10.02 06:39
    10. Close Price : 1.4224
    11. Commission : 0.00
    12. Taxes : 0.00
    13. Swap : 0.90
    14. Profit : 255.00
    になる場合は、
    4865089 <tab> 2007.10.01 20:00 <tab> sell <tab> 1.50 <tab> eurusd <tab> 1.4241 <tab> 1.4224 <tab> 1.4141 <tab> 2007.10.02 06:39 <tab> 1.4224 <tab> 0.00 <tab> 0.00 <tab> 0.90 <tab> 255.00 <crlf>
    で1レコードが記述されなくてはいけません。
    ちなみに、初期のバージョンでは、htmlを解析させてましたが、処理が重たいのと、少しでもhtmlテキストのフォーマットが変わると通用しないのと、既にソースを紛失しているため、と、色々理由があって、htmlの独自解析はさせてません、させません。
    ソースはごちゃごちゃしてますが、ファイルの読み込み部分を見れば、どのような順番で並んでいなくてはいけないのか、すぐに分かると思います。
    その辺りも自動化させたい方は、秀丸エディタとブラウザプラグイン、マクロを組み合わせれば作成可能ですし、他にも、テキストブラウザの出力をリダイレクトして自動編集する、等、色々手段がありますので、テキストファイルの作成部分は各自で工夫をしてください。
    ちなみに僕は、「Excelでhtmlを読み込み」→「該当の表の部分をクリップボードにコピー」→「秀丸エディタに貼り付けて、ファイルを保存」までで、1分未満で作ってます。

    Yahoo!_Briefcase_folder_tree.jpg
    Yahoo! Briefcase から、 [ファイルフォルダ] - [library] - [source] - [experts] - [scripts] と辿ってください。
    ※ブリーフケース内のフォルダ・ツリーは、「ファイルフォルダ/library/source/」を MT4 のインストール先に見立て、ツリー構造の再現をしています。
    また、クリックで上手くダウンロードできない場合は、リンクを右クリックして「名前をつけて保存」旨のメニューから、ファイルの保存をしてみてください。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    _PerkyAsctrend1_mtf メールアラート対応バージョン

    _PerkyAsctrend1_mtf のメールアラート対応バージョンです。
    一部のお世話になっている方向けの特別バージョンで、一般公開バージョンでなかったんですが、要望があったので、改めて、今時分が使っているバージョンをアップロードしなおしました。
    パラメタの Mail.alert が true ならメールで送信あり、false ならメール送信なし、です。
    メールの送信機能は、MT4の機能で行います。
    もし、MT4上での設定がされていなければ、このブログだと、「Meta Trader 4 - E-mail 送信の設定」の記事を見るなどして、MT4のメールの送信設定は完了させてください。

    Yahoo!_Briefcase_folder_tree.jpg
    Yahoo! Briefcase から、 [ファイルフォルダ] - [library] - [source] - [experts] - [indicators] と辿ってください。
    ※ブリーフケース内のフォルダ・ツリーは、「ファイルフォルダ/library/source/」を MT4 のインストール先に見立て、ツリー構造の再現をしています。
    また、クリックで上手くダウンロードできない場合は、リンクを右クリックして「名前をつけて保存」旨のメニューから、ファイルの保存をしてみてください。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    Appendix

    カレンダー

    12 | 2008/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    特別リンク

    PTR/PTC/ASP

    LuxuryMail

    検索エンジン

    Google

    ブログ検索

    BeGood

    OrangeAd

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。