Appendix

プロファイル

ドン底の今はハヤテ君
ナギちゃんまで、後1,000FXP
イスミさんまで、後1,500FXP
ヒナギクさんまで、後2,500FXP
マリア様まで、後5,500FXP

収支曲線グラフ

全収支曲線
2008.08
2008.07
2008.06

E-Gold 換金サービス

ACR WEB

ブログパーツ

World Clock

AEST(GMT+10) JST(GMT+9) WET(GMT) EST(GMT-5)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    • コメント : -

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    ためしに…

    ちょっと、エントリー方法に揺らいでいるので、成績のいいMT4のEAのシグナルでエントリーしてみました。
    吉とでるか凶とでるか、上手く利確できるといいんですけどね。
    デモだと1日平均で$50.00前後の利益になってますからね。
    本当なら早くNFのアカウントを開設して自動運転させたいんですけどね。

    ちなみに、今のポジションは、シグナルと同じ足で、少し有利なPriceでエントリーしてます。
    エントリー直後に利確タイミングはあったんですが、シグナルを信用したので、利確しなかったのが、今はかなり痛いですが。
    スポンサーサイト

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    だめだ…

    もうだめ。
    LongとShortを間違えて、決済注文を入れてたつもりが、ポンド円の3連ナンピン…なんて最悪な…。
    もちろん、朝一番に全て決済しましたが、合計5円×4万通貨でポジション平均で5円、全体で20円のマイナスを確定させました。
    今月の稼ぎは全て吹っ飛んだだけでなく、大幅なマイナスになりました。
    もうちょっと我慢していれば、約4.5円×4万通貨で大幅な差損は回避できたんですけどね…。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    大橋式・常勝バイブル - エントリー方法

    手法、なんてよくもまぁ、ここまで恥ずかしい方法で言うか、と言うレベルです。
    ただの無限ナンピンであり、破産一直線、商品先物で言うところの客殺しなのですから。

    例) ドル円の場合
    エントリー方法 - IFO注文で予約注文とする
    スタートエントリー
     1) o/p:116.50、t/p: 117.00
     2) o/p:115.50、t/p: 116.00
    1) でエントリー確定後
     1-1) o/p:117.00、t/p: 117.50
     1-2) o/p:116.00、t/p: 116.50
    2) でエントリー確定後
     1-1) o/p:116.00、t/p: 116.50
     1-2) o/p:115.00、t/p: 115.50


    一応、キリのいい所で50銭幅にしましたが、値幅は各自のご自由に、と言うことです。
    もし、50銭の値幅でポジションを増やして言った場合、最初のエントリーから一直線に10円落ちて、全21ポジションで最後のポジションが含み差損0とします。
    1万通貨とした場合、差損が発生しているポジション数は20ポジションなので、10円+9.5円+…+0円と差損を計算すると、105円の差損になります。
    5円の円高の場合は27.5円の含み損ですね。
    スワップが付くから、と言って、この差損からみれば雀の涙、です。
    ハートコントロールもなにも、一定の値幅毎に予約注文を入れて、反対方向に動いても、雀の涙のスワップだけを頼りにトレンドが反転すまで耐え忍ぶ、これが全てです。
    また、パートナーメールの指値どおりのエントリーをするのではなく、指値をみて「自分で判断して」エントリーとくれば、常勝バイブルは全く購入する価値はありません。
    そして、エントリーしないで利益にならなければ「指値どおりにエントリーしないからだ」指示どおりのエントリーで損失確定になれば「指示どおりにポジションを取れとは言っていない」と、そう言うことです。
    「初心者」をターゲットにしてパートナーメールどおりの売買が「勝率100%(99%)、月利25%」の条件、と、「消費者に意図的に錯誤(『故意の瑕疵』と言う)」させながら、「投資判断は自己責任」と言う原則を悪用しているだけです。
    また、絶賛する人が多いのは、「アフィリエイト報酬が高いから」、それだけです。

    なお、常勝バイブルは、「詐欺商材」と位置づけます。
    先にも書きましたが、「セールスサイトに書いてあることが全てであり、都合の悪い事を隠していない」と言う回答をもらってます。
    しかしながら、「なぜ、5ヶ月の塩漬け、500pips強の含み損があることを隠しているのか」と追求すると、「その通貨ペアに付いての問い合わせがなかったから答えなかった」と返事がきましたからね。
    これは、「都合の悪い事を意図的に隠していない」と言う最初の回答が虚偽であったことを白状したも同然であり、「購入者を騙す」意図があった、と判断できるからです。
    この事実だけでも、「明らかな詐欺行為である」と判断します。
    はっきり言って、こんな詐欺商材を購入するぐらいなら、イーバンクが最近はじめた、外貨預金の方が断然いいでしょう。
    例えば、毎週月曜日の12:30に10万円分ずつ、米ドルを購入していくんです。
    外貨預金であるなら、MCもありませんからね。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    呆れるだけ - 常勝バイブル

    あなたはこれでも購入しますか?
    > 第1に、非常に重要なことです。
    > ホームページに書かれている内容が全てでしょうか。
    > つまり、売れなくなると困るから、と、購入を躊躇わせる類の、
    > 大橋様からみて売り上げに影響があるような都合の悪いことを書
    > いていない、と言うことはありませんよね?
    >
    はい。ホームページ&Q&Aページには、すべてのことを記載して
    おりますので、どうぞご安心くださいね (^_-)-☆
    『「ユーロ/ドル」で「2005年11月」に「1.2800台」での指示をして、「今現在500pips強」の含み損が発生している』ケースを意図的に隠している、と受け取るしかないですね。
    今現在、4ヶ月の塩漬けが発生している事実を知っていたら誰も買いませんから。
    そう言えば、コスト平均法方式で、損切りしたらしいし、損切りを指示してもいるらしいですね。

    > 第1にも関わってくるのですが、月25%の利益、と言うことですが、
    > 年間300%になるのですよね?
    > もし、1000万円ではじめると、平均して月250万円、年間で3000万
    > 円の利益、と言うことになるはずですが、認識に間違いはありま
    > せんか?
    > 言葉遊びは嫌いなので、年間できっちり25%×12ヶ月で300%の利益
    > になったとした場合を大前提にしてください。
    >

    まず率直にお伝えいたしますが、複利の計算というものは、
    単純な計算にはならないんです。

    Q&Aページに記載してありますように、利益率が毎月
    異なることもそうですが、FX取引で得た利益は累進課税に
    なりますので、翌年の始めには、最大で50%の税金を
    支払う必要があります。

    そして、その50%の税金を支払うためには、毎年、7月以降に
    発生した利益は、FX口座から税金用に引き出していかなくてはなりません。

    つまりは、

    1、利益率のバラツキ

    2、最大で50%の税金

    3、税金を支払うための資金プール。

    この3つの理由から、机上の複利計算は極めて困難ですので、
    そのように捉えてくださいませ。

    私でも、計算はできませんのでね (^_-)-☆

    ですが、それであっても、資産を大きく増やしていける可能性が高い取引で
    あることは確かですし、資産運用で唯一、自身でリスクコントロールの
    出来るものですので、FX取引は素晴らしい武器であると言えますね。
    別に税金のことなんて聞いてないんですけどね。
    初期資産に対して月平均25%、年間300%になる、でいいのか、と、聞いているんですが…。
    聞きかたが悪かったのかな?
    ようは、初期資金に対して25%目処、ではなく、証拠金に対して25%、と言うセールスレターと実体との相違を聞きたかったんですが、なにも知らない、を前提にしているので、仕方ない、ですか。
    もっと上手な嵌め方を勉強しなくては…。

    > 第3に、今の運用状況です。
    > 再度第1にも関わってくるのですが、FXは投資、と言うことですが、
    > 今の運用状況はどんな感じでしょうか。
    >
    1~2月は為替マーケットが動きませんでしたので、利益率は低かったですけど、
    3月は良い感じで動いてくれていますので、過去最高の利益率になるかと
    想定しています。

    このように、毎月のように利益率は変化しますので、やあjり1年通期で
    常に見ていかれると良いと思います。
    今の運用状況、って、今現時の相場の動きなんてどうでもいいと思うんですけどね。
    決済できずに残っているポジションも含めて、全てが今の運用状況なんですから。
    どの道、都合の悪い事を平気で隠蔽しているのに間違いはないので、改めて運用状況はどうなっているのか、と聞かれて、正直に答えるはずもありません。

    > 第4に、Q&Aの中で指定業者がある、と言うことですが、指定業者を
    > 使う場合とそうでない場合で、大橋様のサポートに相違がでてきま
    > すか?
    >
    はい。条件がマッチしていませんと、結果に相違が出てきます。

    ですので、お勧めの3社のいずれかをご利用されることが無難では
    ありますけど、FX常勝バイブルには、ちゃんと条件が記載されていますので
    その条件に見合うFX業者であれば、どちらでも構いませんよ。
    上手くはぐらかしています。
    なぜなら、4番目の質問全体は、
    > 第4に、Q&Aの中で指定業者がある、と言うことですが、指定業者を
    > 使う場合とそうでない場合で、大橋様のサポートに相違がでてきま
    > すか?
    > 業者によって操作性が違うと言うのはなんとなく分かるので、業者
    > が関わらない部分でお願いします。
    なのですから、「業者に依存する箇所を除いた全て」で同一のサービスを提供しない、と言っているのでしょう。
    確か、パートナーメールをメールで配信するのは、「指定業者に口座を開設した人だけ」=「自分にアフィリ報酬をくれた人だけ」と言う話しを聞きますからね。
    そう言えば、外為EXにアカウントを開設するように、アフィリエイトリンクを提示した、って話しを聞くし。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    流れに乗れない…

    慎重になりすぎているのか…良く分からないけど、ちょっと、流れに乗れません。
    やっぱ、昨日の東京時間のエントリーせず、が、悪かったのかもしれません。
    基本がハーフデイ・トレードなので、あまりへンなポジションを取れないからなんですけどね。
    トレンドの読み間違いが多いのがそもそも理由なんですが…。
    30分足でじっくりとトレンドを掴んでのトレードに専念しないといけません。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    特定商品取引法

    特定商取引法には、

    誇大広告等の禁止(法第12条)
    誇大広告や著しく事実と相違する内容の広告による
    消費者トラブルを未然に防止するため、
    上記(1)の表示事項などについての「著しく事実に相違する表示」や
    「実際のものより著しく優良であり、
    もしくは有利であると人を誤認させるような表示」は
    禁止されています。

    <特定商取引法で事業者が守らなければいけないこと>
    ●氏名等の明示義務  販売勧誘員は最初に事業者名、販売員名や勧誘目的を消費者に伝えなければならない。
    ●不当な勧誘行為の禁止 うそを告げる事・重要なことをわざと知らせない事・脅したりする事はいけない
    ●広告の規制  広告をする時は重要事項を表示すること、虚偽・誇大広告はいけない
    ●書面交付義務 契約内容を書いた書面を渡すこと

    <特定商取引法で消費者が保護されること>
    ●クーリング・オフ  契約した後でも一定期間、消費者が無条件に解約できる制度
    ●意思表示の取り消し 事業者がうそを言ったり、事実を告げなかったため誤って契約した時は消費者は取り消すことができること
    ●中途解約権  継続的役務提供契約に中途解約権があること

    が、確かに有りますね。
    いっそのこと、そのような商材を販売したアフィリエイターにも、何かしらの法的な罰則を課して欲しいですね。
    どちらにしても、消費者契約法や民法上でも問題しかない物しか売れないから、いかにも、いいものだ、って、嘘を嘘で塗り固める輩ばかりですからね。

    当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
    全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
    また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
    更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

    情報商材、e-Bookの返金不可の正当性は?

    返金不可を強調するクズ商材や値段不相応なものが、FXだけでなく、あらゆるジャンルで氾濫してますね。
    今回は、この返金は不可能化、と言う点に付いてです。
    詳しくは、そして、実際には、国民生活センターや消費者相談センター等に相談してもらう、として、以下は、個人的に可否を主観で書いているだけです。

    不明点の事前確認を行う
    まず、購入をするのであれば、事前にセールスレターに踊らされることなく、徹底的に粗捜しをして、その箇所について、疑問が解消するまで問い合わせをしてください。
    絶対にこの手順を怠ってはいけません。
    なぜなら、販売者にとって、売り上げのために表に出していない都合の悪い事を隠しているのであれば、途中で逆切れしてきますので。
    また、逆切れしなかったとしても、やり取りの内容は明確になっています。
    このやり取りは、購入後に、明らかにセールスレターや問い合わせの回答からの、「消費者に都合の悪い事実隠蔽」があった場合に販売者のアキレス腱にするためです。
    つまり、事前のやり取りの販売者の回答は、販売者の購入予定者への問い合わせで「」の回答をしたことになります。
    の説明をして購入させた以上は、販売者は説明義務違反となり、うまくいけば詐欺として扱えます。
    また、民法の適用範囲外としても、「故意の瑕疵」に該当するとして、消費者契約法によって、契約の無効を訴えることも可能になるでしょう。
    なぜなら、明らかに、購入者に不利な事実を隠しての販売ですから、購入者は泣き寝入りすべきではありません。
    消費者契約法については、こちら で適切な例で説明されているので、一読されてはどうでしょうか。
    ほとんどの情報販売と称したe-Bookの販売者が該当すると思いませんか?
    なんども言いますが、情報商材の99.99999%は、「意図的に消費者の不利になる事柄を隠している(故意の瑕疵)」のですから、販売者の返金不可、は、契約そのものが無効と考えられるので、返金不可、なんて文字に躍らされての泣き寝入りは絶対にしないでください。
    泣き寝入りをして喜ぶのは、「嘘で消費者を騙して金を手にする販売者だけ」ですから。
    そして、売っているのは情報、と言いながら、実体は、e-Bookの購入であり、競馬の買い目予想やFX/株などの売買ポイントのシグナル等の「情報そのもの」ではないのですからね。

      当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
      全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
      また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
      更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

      エンサークルよりローリスクな方法

      もしあなたが、大橋式で1.28xx~1.29xxでユーロドルのポジションを持っているとします。
      今の大局的なトレンドは、1995/03~2000/10のダウントレンドから約1年のレンジ期間を経てのアップトレンドになってますよ?
      そして、前回同様、トレンドの開始から終了までの約50.0%位置から38.2%あたりまでの買い戻しが入ってます。
      で、戻りの期間までを最初の山場の底と見た場合、それまでのダウントレンドから50.0%(ロウソク足本体なら38.2%)付近までの戻りのアップトレンドを描いてます。
      今回も同様、になるのか、それは誰もわかりません。
      しかし、今回も、2001/07~2004/12を最初の山と見た場合、今回はヒゲ部分のみですが38.2%付近、ロウソク足本体も38.2%弱までの戻りのダウントレンドを描いてます。
      これは、買い過ぎ、売りすぎの大局的な調整機関、と受け取れなくもありません。
      つまるところ、非常に良く似た写し逆さ鏡の動きをしているんですね。
      もちろん、最初の山までの動きは、現在のトレンドの方が圧倒的に大きいのですが…。
      もし、この動きを前回の動きになぞらえると、なんと、数年後に上限は$1.7020付近が見えてきますね。
      本当にここまで上がっても、応米金利差が逆転しても、耐えられる人はいるんでしょうか?

      ついでに、ファンダメンタルな意味合いでいけば、経済指標が予想通りだったことが「サプライズ」に繋がってます。
      それだけ、米国経済に陰りが見えている、と言うことの裏返しかもしれません。
      が、イランだけでなく朝鮮に対しても、対外政策失敗、になり兼ねない雰囲気がにおってますよね。
      所詮ニュースを聞いたり見たりしただけで、ファンダメンタルの細かい分析なんてしませんが。
      しかしながら、どうしても米ドルに対して、強気なポジションを持つには、日本円のような、金利差狙いのキャリートレードぐらいしかないでしょう。
      ただでさえ、保有外貨の割合でユーロが増えてきている国が非常に多いと言う話しも聞くのにね。

      と言うわけで、本当のローリスクな方法とは、イーバンクのような、手数料が安い銀行でドル円、ないし、クロス円で外貨預金をすることです。
      レバレッジ1倍、USD/JPYの場合で往復手数料20pips、となるわけですが、もし、FXでレバレッジ1倍の運用を考えるなら、MCなどの、強制決済のタイミングでレバレッジ1倍、証拠金ベースでレバレッジは1倍を切ることになりますからね。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        改めて「くりっく365」を見直し

        調べていたら、デイトレであれば、くりっく365の三貴商事が良さそうですね。
        くりっく365のルールは少し厄介そうで、MCのルールとして
        1. 15:01~翌日15:00の間は証拠金維持率が30%以上であること
        2. 有効証拠金維持率が15:00の時点で100%であること
        のようで。
        三貴商事のルールなので、30%は業者によって違うと思いますが、トレーダーの資産保護が最優先のルールです。
        では、なぜ、三貴商事か、と言うと、デイトレ時は、手数料が往復で0pointだからです。
        また、スプレッドも、取引銀行提示レートからSell-Priceは最高値、Buy-Priceは最安値の競合で決めているようで、スプレッドも概ね、かなり狭い値になるようです。
        取引時間の問題、ドルストレート通貨がドル円以外ない、レバレッジ以外は、十分合格点をあげれるんですね。
        また、取引数が多く、取引利益が多い場合、税制上も非常に有利ですからね。
        とにかく、早めにスプレッドが狭い業者の調査を完了させなくてはいけませんね。
        マネーパートナーズが、ドル円以外の現行のスプレッドを、後1pipsだけでいいので狭めてくれるなら、マネーパートナーズでいいんですが…。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        cms-japanに

        デモ口座を開設。
        とりあえず、アカウントは5つで日本円で10万円に設定。
        レバレッジも十分満たしているので、サーバの弱さがネックらしい点を除けば、まずは、条件を満たしてますからね。
        後は、指標に落ちないか、と言っても、サプライズ的な指標は暫く期待できそうにないけど…。
        なんか、また腹立ってきた…。
        この後は、今MT4でテスト中のシステムを上手く移植できれば、金融庁の登録業者で高確率で利益に転じ易いシステムになるんですけどね。

        先週は3回もバックテスト中断、昨夜の約定拒否、もう、最悪の1週間…。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        未だに…

        怒りは収まりませんよ、ほんと、未だに腹が立ってくる。
        こう言うときには相場を取ってはいけない、と言う原則を守って、マネーパートナーズでドル/円に冷静さを欠いた中で参加しなくてよかったですが…。
        一応先週は、4/5日参戦して4日全焼全勝、結果とすれば、言うことなしなんですけどね。
        しかし、約定が取れていたケースは全て結果論でも+600pipsは取れていたんだから、怒りは収まるはずもなく。
        火事で全財産を失って、命はとりとめた、って奴かね、ほんと…。
        当初は、指標時もしっかりとれていたんですけどね。
        って言うか、10秒も20秒も時間をかけて、再クウォートしろなんて、ふざけて欲しくないよ!!!
        むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく、むかつく

        他に、指標時に強い業者を探さないといけなくなっちゃったじゃないか。
        NY終わり~東京の繋ぎにメンテナンスをする国内業者は除いて、国内業者は無用だし、CMSはサーバが弱そうだし、NFはe-goldがもう少し貯まるまで我慢だし、JNSは同じSAXOだし、GFT系は30万も入れる余裕ないし、営業日内両建て作戦が使えないし、ポンド円7pipsは絶対に譲れないしね!!!!!
        国内送金のサーバーの強い海外業者ってないかナァ…。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        全額出金指示完了

        正直、もうトレードする気になれないので、全額出金指示を出しました。
        ミスター証券とはこれっきりですね。
        暫くは、マネーパートナーズを使うようにするしかないか…。
        ポンド円のスプレッドで2pips有利だったので注文が通るのなら、レバレッジの低さは我慢できたんですけどね。
        少しでも値動きが早かったら注文がとおらないなんて、最悪としか言えませんよ、ホント…。
        値動きが一息ついた、ってタイミングですら通らないんですから。
        恐らく、SAXO系は同じことなので、JNSも対象外です。
        となると、外為オンラインなのかな、レバレッジ的に使えそうなのは。
        カバー先がシンガポールのOCBC証券みたいなので、注文が通るか通らないかは、比較的調べ安いですが…。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        いい加減にして欲しい…

        メイン口座のミスター証券ですが、全くオーダーが通りません。
        227.00円台のオーダー弾かれ、227.30円台のオーダー(ログから2回確認)弾かれ、227.40円台のオーダー(ログから4回)弾かれ、227.70円台のオーダー(ログから1回)弾かれて、なにやってんだか。
        いくら指標発表時だからと言っても、こんなにオーダーが通らないのであれば、使い物になりません。
        大体、今日だけで、指標発表時以外でも、10回以上も通ってないし。
        オセアニア~東京時間の午前中の円売りトレンドですら通らないのは勘弁して欲しいよ。
        細かいところまで数えるのもイヤになってるけど、3月だけで、50以上のオーダーが弾かれてるし。
        上の(~)は指標発表後の動きのときだけど、今日の分だけで、結局、20回は通ってないしねぇ、ほんと。
        スプレッドが指標時にも広がらない、と言え、そんなもん、オーダーが通ってこそ。
        しかも、きっちりと前後にプライスが動いているのにとおらないんですから…。
        もう、うんざりなので、オーダーがしっかりと通るところにディーラー変えるしかありません。
        今年に入って、3ケタ台でオーダーが通ってませんからね。
        いくら、業者スプレッドで提供されている、と言っても、ガマンにも程があります。
        今までは、注文が通らなくなりはじめた頃からは、レバレッジの低さよりもトレーディングシステムが悪くないので我慢していた、と言うだけですから。
        完全になえました…。
        マネーパートナーズに一時的にしろ、もう一度資金を戻しますかね…。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        トレンドブレイクできず

        円/クロス円共に、トレンドをブレイクできず。
        エントリーが遅すぎたのと、OSのフリーズで、復旧の合間に225.43で取ったポジションを225.46の+3pipsで決済[壁]/_;)シクシク
        手数料が往復1pipsなので、実質、1pips超でチョビ益で終了。
        途中でなんどかエントリーのタイミングはあったけど、今一足が速すぎて追いつけず、現在まで新規ポジション無し。
        トレンドフォローの手法じゃ、午後からのレンジには対応できませんからね。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        エンサークルの疑問

        円・クロス円は、4時間足が、午前は、トレンド維持レベルのブレークができずに一息ですね。

        さて、なんのブログかわからなくなって、エンサークルバラシをやってますが(まともになったら止めますけど)、どうしてもよく分からないのがあるんですよね。
        それは、売買通貨/建値を公開したらダメよ、ってやつ。
        これは一体、どう言う理由からなんでしょうか??
        少なくとも、決済したポジションの公開すらできない、って言うのは、甚だ疑問です。
        考えられるのは、
        • 売買ポイントの出し方をバラされたくない
          →M2J(マネースクエアジャパンのトラップトレード)のロスカットを入れない劣化コピーだから
        • 逆張りなのに、ロスカットを入れないリスクを知られたくない
        • 指示建値がコロコロ変わっていることを知られたくない
        少なくとも、この商材で分かっている違法性は、以下の通りです。
        • 月利25%の嘘
        • 当日~最長5週間の嘘
        どう言う風に嘘なのか、と言うと、
        ・月利25%の嘘
        皆さんは、あのセールスレターを見て、月利25%をどのように受け取りましたか?
        25%の数値そのものではなく、なにに対しての25%か、ということです。
        その中で、誰が、証拠金の25%だと思いますか?
        誰もが、セールスレター中で記載されている必要資金の25%と勘違いするのではありませんか?
        つまり、セールスレターに書かれている、運用資金の目安の25%と「消費者に勘違いさせ、実は、証拠金の25%だと言う消費者に不利な事実を故意に隠蔽している」と言う点で、消費者契約法から契約の無効を主張できます。

        ・当日~最長5週間の嘘
        現実に、3ヶ月以上の塩漬けを強いられている方がいますね。
        しっかりとした建値の指示をして、且つ、後日に不利な建値の改ざんをしていないのであれば確実に把握しているはずです。
        実際、パートナーメールでは、観念して告白しているようですが、セールスレターには未だに「最長で5週間」とかかれています。
        5週間以上の塩漬けはない、と言う、過去の事実を信用したにもかかわらず「3ヶ月以上の塩漬けの実体を隠すと言う、事実誤認をさせ、消費者に著しく不利な実体を隠している」と言う点で、消費者契約法から契約の無効を主張できます。


        ちなみに、返金不可、となっていますが、セールスレターの内容と購入後の実体が、セールスレターとかけ離れていると言う点、及び、事実誤認を招く内容である以上、「消費者契約法で消費者の不利になる事実を意図的に隠蔽することを禁止」しているので、返金請求以前に契約の無効を訴えることができます。
        一言で言えば、セールスレターに書かれている内容が事実ことなり、「消費者に不利=販売者に都合の悪い事実が隠蔽」されていた時点で、その売買契約は「無効になる」と言うことなんですね。
        ただ、アフィリ率が良いせいもあって、事実を隠蔽している人も多そうです。
        本当に、利益が出ている、凄い、と賞賛している人は、パートナーメールで指示された全ての建値でポジションを持っているんでしょうかね?
        売買ポイントは全て、パートナーメールで指示される以上、盲目的に従って、且つ、セールスレターにある「最長でも5週間以内に」と言う文句から明らかにかけ離れた期間のポジション保有者はいないんでしょうかね?
        正直、本音の実体を知ってからは、近未来通信や平成電電などと同等の悪質な詐欺だと言う認識しか持てません。
        正直、大橋氏には、いずれ値は戻るから、含み損は実損ではない、と言い張る根拠を聞きたいですね。
        その理屈から言えば、たった12年しか経ってない、1995年レベルまで近いうちに値が戻る、と言っているのも同然ですね。
        それに、含み損は実際に入金している証拠金に使わなかった余剰資金に大きな影響を与え、ポジションを持つのに必要な証拠金を残して、残額を引き出す子とは不可能なんですから、含み損は立派な確定時価損と扱わなければいけないんですけどね。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        またまたエンサークルトレード…

        昨夜偶然、エンサークルトレードの実行記録を残されている方のブログを発見しました。
        結果として、エンサークルの考え方はほとんど予想通りでした。
        しかし、スワップもあまりつかない、等と言うコメントも見ていると、欧/米のショートとか???
        最悪なのは、米/日ロングを、この時期に指示してたみたいで、一気に含み損が拡大した方も多いようですね。
        はっきり言わせてもらえば、今の時期に米/日ロングを指示するなんて、なにを考えているんでしょうか。

        一応、米/日ロングは、アップトレンドのサポートにタッチした後、持ち直して終わっています。
        もし、週があけても持ち直せずに116円前半を突破して115円台に突入するようであれば、113~114円までは覚悟しておいた方が良いかもしれません。
        再び早期の120円の大台を狙いに逝くとすれば、116円~117円のレンジを形成しながら、緩やかなアップトレンドを確定しつつ、再来週までにアップトレンドを確立することが必須で、3/24までには119円後半まで持ち直す必要があるでしょう。
        偶然、と言いますか、欧/米の転換期になるとすればここではないか、と思われる日付もが3/23です。
        また、連動通貨である独/米、米/瑞もそれぞれ、3/20と3/24です。
        偶然、と言うか、全ては米ドルに対するストレート通貨なので、似たような時期にXデーが集約するのも仕方ないことかもしれませんが。

        ちなみに、エンサークルの売買指示の方法を見ていると、「バイブル」と言う電子書籍を購入して技術を身につける、ではなく、商材購入者が「会員専用サイト」にアクセスして指値を取得、もしくは、メールで受け取る、と言う仕組みなのも予想通りです。
        そして、「商材代金」を支払う必要があるため「金銭対価」として「売買指値を提供する」と見なされるらしいです。
        この金銭対価が発生するため、投資顧問業と見なされるため、もし、エンサークルの責任者が投資顧問の免許などの資格を持っていなければ、「投資顧問業等に関する法律違反」になるようです。
        ちなみに、金融庁の「免許・登録を受けている業者一覧」から「投資顧問業者」には、住所すら載ってませんでした。
        つまるところ、免許登録もしていないで、売買指示の指値を出していた、と言うことになるようです。
        もちろん、このような「有料情報提供者」は多くいます。
        だけどね、売買値を得るために金銭的対価が必要であれば、投資顧問業の免許が必要だと言う事を知らないのでしょうか?
        個人的には、「被害者が多いエンサークル」に関しては、金融庁に問い合わせをしたい気になってます。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        SAXO Trader2 アップデート…80点かな?

        今朝?の SAXO Trader2 のアップデートで、なんとか、チャートは使えるようになりました。
        と、言っても、チャートの状態を「外国為替スポット」の状態にしておくだけのFIXのようですが。
        つまるところ、前書いた対処方法は正解だった、と言うことみたいですね。
        あと、もう1点、Forex Board がロックのON/OFFをしないと、全て表示されない、と言う、ちょっとした不具合は残ってます。
        どっちにしても、これで使えるようになったのは言うまでもないですね。

        当然ですが、この記事の内容は、必ずしも、目にした方にとって都合がいいとは限りません。
        全てに言えることですが、使える使えない、は、自分のスタイルに合うか否か、に著しく依存します。
        また、それなりに調査をしたりもしていますが、99.89%、当方の主観に基づいている可能性があります。
        更に、アフィリエイトへのインセンティブ、労力に対する寄付など、一切の例外なく第三者からの「対価」を得る行為への流用の一切を禁じます。

        Appendix

        カレンダー

        02 | 2007/03 | 04
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 29 30 31

        特別リンク

        PTR/PTC/ASP

        LuxuryMail

        検索エンジン

        Google

        ブログ検索

        BeGood

        OrangeAd

        メールフォーム

        名前:
        メール:
        件名:
        本文:

        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。